家族旅行中の無駄食べを節約する!高速道路に乗る前に食べておくべき3つの食べ物

子供は旅行中にすぐにお腹が空いてしまうため、途中で何かを買って食べることも多いでしょう。
それが何度も重なると出費も増えます。
出費を抑えるためには、高速道路に乗る前に家族全員で腹持ちの良いものを食べておきましょう。

旅行中の子供の「お腹減った」をきっかけに無駄に食べ物を買いがち

旅行の際には高速道路などを使い、普段の外出よりも移動時間が長くなります。
その間に子供が「お腹減った」と言えば、パーキングエリアなどに入るでしょう。お菓子などを買って食べたり、フードコートなどで軽食を食べたりすることも多いです。

長旅になると、それが1回だけでなく2回、3回と増えます。パーキングエリアなどで売られている食べ物は基本的に値段が高いため、出費が増えるでしょう。旅行はホテル代や交通費など、ただでさえお金がかかるので途中で旅行に関係ないところにお金を使うのはできるだけ避けたいものです。かといって、ホテルや旅館に着くまで我慢するように言い聞かせてもぐずってしまうでしょう。

また、出発が朝早い場合には、朝食を抜いて出発するケースも多く見られます。途中で無駄に食べ物を買ってしまわないためには、出発前にきちんとお腹いっぱい食べておくのが望ましいです。

【旅行前に食べておくべき腹持ちフード①】うどん

旅行の前に食べておくといい食べ物としてうどんがおすすめです。

うどんは麺類の中でも腹持ちが良く、野菜やキノコなどの具を多く入れると良いでしょう。野菜たっぷりのうどんは栄養バランスが良く、子供の健康にも気を遣えます。一般的に炭水化物はGI値が高めですが、うどんのGI値は80で炭水化物の中ではあまり高い方ではありません。GI値が低い食べ物ほど腹持ちが良くヘルシーであるため、子供だけでなく大人にもおすすめです。旅行前に家族みんなでうどんを食べれば、節約にも健康にも役立つでしょう。

【旅行前に食べておくべき腹持ちフード②】パン

パンも旅行前に食べておくのにおすすめできる食べ物です。

パンは種類が豊富であるため、子供が好きなパンを食べさせればお腹いっぱいで満足した気分で出発できるでしょう。朝食後に出発するまで少し時間がある場合、菓子パンなどを食べるとちょうどいいです。バターやジャムなどを塗った食パンが好きな子供も多いでしょう。

出発前にお腹いっぱいパンを食べておけば、昼食までに他に間食しなくて済みます。また、パンは手に持って手軽に食べられるので、持って行くのもいいかもしれません。途中で何か買うよりも節約になります。

【旅行前に食べておくべき腹持ちフード③】ごはん

ごはんは、日本人のソウルフードです。

大人も子供もごはんが好きだという人は多いでしょう。お茶漬けや卵かけごはんなどいろいろな食べ方ができて、バリエーションが豊富です。

朝食を食べた後すぐ出発するなら、朝食はごはんを食べるのがいいでしょう。ごはんはどんなおかずとも合わせやすく、チャーハンやリゾットなどにして食べることもできます。

鶏の胸肉を使って親子丼にして食べれば、腹持ちも良くヘルシーです。また、おにぎりにして食べれば、パンと同じように手でつまんで手軽に食べられます。出発前に、おにぎりを作って持って行くのもおすすめです。途中でお腹が減っても、車内などでおにぎりを食べれば、昼食までの間にお菓子などを買わなくて済むでしょう。

ちょっとした食の工夫がお財布を助ける

旅行前に食べておくべき腹持ちの良い食べ物を紹介してみました。旅行中に何度も食べ物を買って食べると、けっこうな出費になります。家族旅行中の間食を減らして食費を節約したい場合には、腹持ちの良い食べ物を食べてから出発するのがおすすめです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *